Just another WordPress site

大会概要

  • HOME »
  • 大会概要

大会趣旨

2011年に第1回を開催させていただいてから早9回目の全国会員大会を4月25日に開催いたします。
私たちは、未来の子ども達の為に持続可能な循環型建築社会の実現を目指し、会員の皆さまとともに活動を推し進めて参りました。昨年は、「古民家まちづくり元年」として全国各地での古民家を活かしたまちづくりが推し進められ、本年は、「空き家古民家活用元年」として地域に必要とされる活動を推し進めて参ります。
安井 昇氏を講師にお迎えし、皆さまとともに学び多き1日になる全国会員大会にさせていただきます。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

 

開催概要

日程:2019年4月25日(13時より受付開始)
会場:ホテルグランドアーク半蔵門 富士の間 >> 会場までのアクセス

 

開催内容

13:30 ~ 17:00 第9回全国会員大会 式典
        基調講演・第6回再築大賞表彰式・2019年度通常総会・事業紹介など
17:30 ~ 19:00 第9回全国会員大会 大交流会(懇親会)

※スケジュールは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

登録費用

  • 事業者会員 / 一般会員:15,000円
  • 古民家推進会員 / 非会員:18,000円

登録費には大交流会費用も含まれます。
登録後の返金はございませんので予めご注意ください。

 

参加お申込みについて

事業者・一般会員・古民家推進会員(非会員)の方
お近くの所属の全国古民家再生協会経由にてお申し込み下さい。>> 当協会の支部一覧はこちら

全国古民家再生協会に所属されていない方
お申込み専用フォームより必要事項をご記入いただきお申込みください。
>> お申込みフォームを開く

 

基調講演のご案内

古民家再生・古民家活用に効く基調講演。
本大会では、桜設計集団一級建築士事務所 代表 安井 昇氏をお招きし、基調講演を開催いたします。

桜設計集団一級建築士事務所 代表 安井 昇氏

土と木で火事に負けない木造建築をつくる

<略歴>
1968年京町家生まれ、東京理科大学大学院(修士)、積水ハウスを経て、1999年桜設計集団一級建築士事務所設立。木造建築の設計と木造防耐火に関する研究、技術開発、コンサルティングを行う。
2004年早稲田大学にて「京町家の防耐火性能の再評価」で博士(工学)取得、2007年日本建築学会奨励賞(論文)受賞。
現在 桜設計集団一級建築士事務所代表、早稲田大学理工学研究所招聘研究員、NPO 法人 team Timberize 副理事長など。
専門は、木造設計・木造防耐火

 

TEL 03-6890-0641 受付時間 10:00 - 17:00 [土・日・祝日除く]

関連リンク

一般社団法人全国古民家再生協会

PAGETOP